布団クリーニングでアレルギーが消えた!日々のこと綴り

布団クリーニングでアレルギーが消えた!日々のこと綴り

アレルギーは花粉だけが原因ではないと知る

 

こんにちは。日々、アレルギーに悩む人口が増えていると感じるこの頃。このブログでは私が体験してアレルギーの意外な克服法やアレルギー発症を抑えるための日々のちょっとしたお手入れなどを綴っていけたらなと思っています。
私の花粉症(アレルギー性鼻炎)デビューは小学校低学年のころ。季節になるとくしゃみが止まらなくなり、風邪を引いているわけでもないのに鼻水が出過ぎて鼻声になってしまったり、鼻が詰まって寝られない時期があったりと、とてもコンプレックスを抱えていました。
大人になって少しは治まっているアレルギー症状でしたが、思わぬところにアレルギー物質が潜んでい当たことに気が付いたんです。
それが毎日使う「布団」でした。なぜか、布団に入るとくしゃみや鼻水、時には目が強烈にかゆくなって居ても立っても居られないで目薬を差していました。
このような事態を引き起こしていたのが、まぎれもなく毎日使う布団だったなんてとてもショックでした。

 

布団からアレルゲンを取り除く方法

 

ここからは、思い立った私が独断によって自分流に布団のアレルゲン対策を行った数々の方法になります。
まずは、自宅で洗えるシーツや敷パット、羽毛布団カバー、枕カバーを洗濯機に入れました。その間にマットレスを天日干しして、ベッドの下を入念に掃除機掛け。ベッドの手すりと周りの棚も濡れ雑巾でキレイにふき取り。
ここで、毛布と羽毛布団の処理について考えました。
毛布は自宅の洗濯機に入れれば、多少ぎゅうぎゅうだけれど何とか洗えるのか?それともコインランドリーまでわざわざ持って行くのか?
羽毛布団はマットレスが終わったら、同じく天日干ししてはたけばきれいになるのか?
私が住む地域のコインランドリーはあいにく家から距離もあり、車を持っていない身としては大きな布団を持って行くとなると、困難です。また、コインランドリーは古くから運営されているのであまり清潔とはいえず、利用したことはないのですが、外から見てもとても清潔とはいいがたい印象なのです。
また、クリーニング屋さんに出すと言う手もありますが、布団1枚の値段が5000円と結構高くて躊躇していました。
毛布は自宅で洗えないことはありませんが、脱水した後に物干しざおが狭すぎて、干すスペースがないことも問題です。布団を濡らしてしまってから干すスペースに困ってしまううちに、布団が班が湧きの状態でかびてしまう危険性もありますし、よく考えなければなりません。

 

羽毛布団に至っては、恥ずかしながら5年以上一度も洗ったことがないので布団カバーを外すと結構いろいろなところにシミのような汚れがあり、布団自体のボリュームも買った当初から比べればへたってしまっています。ふんわりして布団は憧れですが買い替えるには費用が掛かる。
布団を天日に干すことで何とかなるのでは?と甘い考えでいたのですが実は大きな間違いでした。。。

 

天日干しは花粉の季節以外にも注意すべき!

 

花粉シーズンのみ部屋干しするスタイルで一年を過ごしていたので、花粉時期以外に布団を天日干しすることに抵抗はありませんでした。
しかし、外気は花粉だけでなく様々なアレルギー物質や汚れなどが浮遊しています。例えば、大通りに近い家だと排気ガスの汚れ。大通りの空気は年中汚れていますので、半日布団を干すだけでも目に見えない排気ガスの汚れが付着して、汚れをそのまま寝床に持ち込むことになります。
また、九州や西日本では黄砂の影響やPM2.5なども飛び散っているので年中危険にさらされていますよね。
そもそも、羽毛布団を天日に干したところでダニやほこりを駆除するという目的は達成できません。
布団を天日に干したところで、ダニの死滅温度50度に達することがなければ、布団自体に住み着くダニは残ったまんまです。そのうえ、パンパンと布団たたきでたたくことによって表面のダニが内部の羽毛エリアへ逃げ込んでしまったり、逆に布団内部のダニが出てきたり、ダニの死骸が粉々になってますますアレルギーに悪影響という結果にもつながります。あるデータでは布団をたたくことによって、ダニやダニの糞、死骸がたたく前よりも2〜3割増えてしまうそうです。
ダニは目に見えないので、こういった話を聞くとぞっとしますよね。
元々、羽毛布団というのは、表面のダニに比べて羽毛エリアである内側に潜んでいるダニのほうが圧倒的に多いようです。
内部のダニを取るにはやはり布団を丸ごと水洗いするしかすべはないそうです。
羽毛布団でも毛布でも、現在の最新技術ならドライクり―ニングではなく水洗いすることが可能です。
布団についたダニが水洗いすることで99%以上死滅するというのですから布団の丸洗いは侮れません。

 

羽毛布団を洗ってくれるところ

 

羽毛布団を丸洗いすることでダニアレルゲンが抑えられると聞くと、居てもたってもいられず布団のクリーニングについて探し始めました。
クリーニング業者は思った以上に数が多く、私の住んでいるエリアだけでも結構な数がありました。近くて便利なところ、夜まで営業しているところ、
料金がリーズナブルなところで探し始めましたが、どこも条件に合うところは見つかりませんでした。
そんなに否かってわけではないのになかなか思うようなクリーニング店が見つからず途方に暮れていたところ、ある口コミサイトで「宅配クリーニング」のことが紹介されていました。
宅配クリーニングといえば、最近人気がうなぎのぼりらしく、テレビの特集や夕方のニュース番組でも取り上げられていました。
クリーニングという業界自体が盛り上がっていると感じています。注目の業界だからこそ、競争が起こって、サービスや質が上がっているのだと感じる発見がありました。私が見つけた宅配クリーニング業者は近所のクリーニング店よりも値段が安いのに送料がかからないという、自分が探し求めていたピッタリのお店だと感じました。
リピーターや実績も多く、繁盛しているので値段も抑えられているのか、とても期待できるとすぐさま注文するためにスマホで検索しました。

 

布団クリーニングで最大手のリネットさん

 

布団をクリーニングに出すことが初めて、出したことがないという方はまずどこに出せばいいか迷いますよね。
ではどういった視点でクリーニング業者を選べばよいか、私が感じた「失敗しない布団クリーニング業者選び」チェックポイントを紹介します。

 

・布団を何枚出すか、枚数出して得になる業者を選ぶ
・自分の住んでいる地域が送料無料か確認
・ペット使用の布団は受け入れオッケ―か確かめる
・布団のサイズによって追加料金がかかるか、均一価格か調べる
・配送業者はどこを使っているか知る
・納期の目安を知る
・出せない布団は何なのか確認する
・布団の保管サービスがあるか調べる
・布団圧縮届けなのか知る
・洗う時に合成洗剤か無添加洗いか知る
・防ダニ加工などのオプションの有無

 

など、いろいろと書き連ねているととてもとても選ぶのが厄介、面倒だなと感じたかもしれません。
そういう私も本当に比較するのに苦労しました。業者の比較を楽にしてくれたのが、あるサイトだったのですが、こちらには各社のサービスやクリーニング注文の流れやQ&A、体験談も載っていて、優柔不断な私でもすぐに納得することができたので、布団クリーニング難民?の方はぜひ参考にしてみてもいいですよ。
布団クリーニング比較Mart|値段と口コミで選んだランキング

 

こちらのサイトでもおすすめ第一位にランキングしているリネットさんについて、続けて書いていこうと思います。

布団のリネットは全国各地からユーザーが多く年中、布団クリーニングの申込数が多い業者です。布団以外に衣類のクリーニング、靴のクリーニングも行っている大手宅配クリーニング業者だと言えます。
まず一番にリネットの良いところは値段が、宅配布団業界最安値であることです。布団を出せば出すほど1枚当たりがリーズナブルになってくれるのでまとめて出すという使い方が一種のテクニックのようです。
羽毛布団と一緒に毛布を出すと毛布などの軽い布団類は1500円ほどで洗ってくれるので出さない手はありませんね。
元々、毛布と、羽毛布団を出したかったのですが、客用布団一式もまとめて出すことにしたら何と料金が1枚当たり1000円以上安くなって得した気分でしたよ。

 

注文方法はいたって簡単。ネットから何時でも注文入力可能。必要事項記入後、返信メールがきます。その2日後には布団を送るための専用の袋と送り状と圧縮袋、注意書きが入った郵便が届いて、布団を詰める作業が開始できます。
布団を詰めるときに、布団が膨らんだ状態のままだと詰めるのに一苦労しますが、リネットの場合は専用の圧縮袋に入れて詰める方法がとられているため入れやすさダントツでしょう。他のメーカーで圧縮詰を採用しているところは今のところ見つけられていません。
圧縮することでかさが減るので、たくさん詰められて安くなります。この要領がわかれば、次回からも頼むときに布団を詰めるのが楽しくなりますよ。パズルみたいで楽しめます。

 

布団を入れ終わると後は配送業者さんに引き渡すだけなので自宅から一歩も出ることなく注文ができるというメリットは、小さい子供のいる家庭や年配の方など、忙しくてクリーニングに持って行けない方など、多くの方の助けとなると感じます。
ネットスーパーやショッピングに続き、布団の宅配クリーニングの先行きは明るいでしょう。
さて、配送に出した布団はおよそ10日後に戻ってきました。
しっかりと包まれた布団パックの中には抗菌済みのシールが貼られており、丁寧な説明とと共に入れられていました。布団は圧縮されていました。毛布はコンパクトに、羽毛布団は少し余裕を持たせて圧縮しているという気遣いを感じました。客用布団は圧縮のまま保管することにしました。これはとても画期的で便利です。
特に、布団の入れ場所に困っている方は、一度布団クリーニングをリネットさんに出すと、圧縮して帰ってくるので保管するのが楽になりますよ。
羽毛布団を開けてみました。少し獣っぽいにおいがするかなあと思いましたが3時間くらい経つと消えていました。布団のボリュームは確かに2倍にはなりました。布団の中綿を足したのかな?と思いたくなるほど、天日干しでは得られないような弾力がよみがえることで、布団に息が吹きかえったようです。

 

ダニの死骸も、見えない部分のダニやフンも一掃されていると気持ちが明るくなります。
早速、寝てみました。
毛布も羽毛もかけ心地が軽いのに暖かさを感じると思いました。くしゃみや鼻水は出ませんでした。
翌朝、とても熟睡していることに気づきました。夜中に物音や救急車の音で目覚めることも多く、決して良質な睡眠がとれていると言えない状況だったのですが、まさしくこれは睡眠革命です。

 

それから1週間、毎日寝ていてもアレルギー症状は出ていません。
こういった方法でアレルギーが治ると、本当に嬉しい限りです。目に見えないけれど確実に効果を感じる瞬間です。

 

羽毛布団を水洗いすることで得られる効果

 

布団を今回丸洗いしてもらうことで、得られたのはアレルギー症状の緩和が私にとっては最大のメリットでした。
しかし得られたのは、布団自体のボリュームの改善、安眠できる環境、など眠りの質が変わったことをお伝えしたいです。眠りは人生の三分の一といわれています。
良い眠りには人生の質も上げます。ということを念頭に、洗っていない布団がある方、羽毛布団を買い替えようか迷っている方、そんな方にはまずは布団宅配クリーニングに出してみると良いと思います。
布団リネットさんでは、抗菌加工と、防ダニ加工、圧縮加工もそろって、値段が安いという三拍子そろっておススメできる業者なので、きっと次回の利用したいと思います。

 

クリーニング後の羽毛布団を清潔に保つ方法

 

クリーニングに出したとはいえ、データによれば半年後にはまたダニの数がもとに戻ってしまうとか。そうなることをなるべく遅らせるためにも、毎日のケアも大切だと感じて日々実行してしています。
例えば、布団の湿気を取るためにマットレスを山型に起こす。通威勢がよくなり、カビの発生や、ダニの住みやすい温度環境を断絶。
布団を定期的にクリーナーにかけること。表面のダニやほこりはなるべく取り除く。
布団乾燥機で50度以上を保ちダニハンターする。
布団内部のダニのために温度でやっつけることをする。また、そうやっても増えているダニ、埃は定期的に布団クリーニングに出す。ということです。
一般的には布団クリーニングは年に1回が望ましいということですが、私の場合は年に2回、半年ごとに出すサイクルを決めて守っています。
だからこそ、快適に眠れているしアレルギー症状も一切出ていません。
不思議なことに布団のケアをきちんとすると、体の調子も良く成りってことは皆さんにもぜひ知っておいてほしいです。
布団クリーニングnavi|圧縮or保管が安い?ランキングまとめ

 

関連リンク集

トップへ戻る